ダメージがない髪になりたい!効果的な食べ物とヘアケアのコツとは?

ダメージのない髪、憧れますよね。

私も、何歳くらいまで髪の傷みがなかったのか記憶にありません。

傷んだ髪に良いお手入れ方法や、良い食べ物を調べてみましたよ。

私も取り組みたいと思っていますが、参考にしてくださいね。

まず、傷みの原因を知りたいと思います。

それは、毎日のお手入れが正しくないのかもしれませんよ。

1つ目は、コテを頻繁に使うと髪は傷みやすくなります。

コテやアイロンを頻繁に使うと、髪が痛みやすくなります。

使う頻度を減らすか、長時間使わないようにしましょう。

2つ目は、髪を染めたり、パーマをかけることが多い場合です。

髪を染めたり、パーマに使う薬剤は、髪に良くないものもあります。

頻繁に染めたりパーマをかけていると髪は傷みやすくなります。

そこで対策を紹介します。

トリートメントをする方は多いと思います。

その使い方ですが、シャンプーして、タオルで髪の水分をふき取ったらトリートメントをつけて、温めたタオルを巻いて3~5分間浸透させると良いです。

ヘアオイルを使うと、髪のうねりやクセを軽くしてくれるので、使ってみると良いですよ。

ココナッツオイルは、紫外線を防ぐ働きもしてくれます。

傷みがひどい時は、その部分のみカットすることも必要です。

ロングヘアに憧れがあるかもしれませんが、傷みがひどいと女の人としても魅力が低くなってしまうこともあります。

短く切ってしまうことも考えてみてはいかがでしょうか。

でも、どうしても髪は切りたくないという方は、染めたりパーマをかけるということは、しばらく控えた方が良いです。

美容師さん等、プロの方に相談してくださいね。

また髪を外側からのお手入れだけでなく、内側からのお手入れも大切です。

ここから、髪によいと言われている食べ物についてです。

1つ目は、卵です。

卵は、良質なたんぱく質を含んでいるので、良いですよ。

ビタミンやミネラルも摂取できます。

毎日食べるようにすると良いです。

2つ目は、納豆や豆乳です。

大豆イソフラボンを積極的に摂って女性ホルモンの働きを整えると髪もキレイになる期待が持てます。

3つ目は、牛乳です。

牛乳と聞くと、カルシウムですよね。

骨に良いイメージが強いですが、健康な髪にとっても欠かせない栄養です。

傷んだ髪のお手入れは、傷んだ部分を取り除くのも1つの方法ですが、それと同時に今後傷まないように身体の内側と外側の両方からお手入れすることが大切です。

ぜひ参考になさってみてくださいね。

hU