田七人参は頭皮ケアや育毛ケアにも良いの?

田七人参とは、中国の雲南省の高山地帯でのみ生育する多年草で、昔から非常に高価な漢方薬として用いられています。

古来から王族や貴族しか口にすることを許されず国外への輸出も禁じられていたという貴重品でした。

高麗人参と同じウコギ科の植物で、生命力がとても強く3〜7年間土壌の栄養分を目一杯吸収し、収穫後何年かは雑草すら生えなくなるそうです。

そしてどう髪の毛にいいのかというと、田七人参には「サポニン」や「フラボノイド」などヘアケアに良い成分が含まれているのです。

成分の効能として、フラボノイドは血管の弾力性を高めて血管を丈夫にし、主成分であるサポニンには血液中の中性脂肪やコレステロールを体外に排出して血液をキレイにする効果が高いとされています。

更にサポニンは高麗人参にも含まれていますが、田七人参には高麗人参のなんと約7倍も含まれています。

血液がキレイになると、負担が軽くなった肝臓は正常に働けるようになり、さらに血液循環を良くするという好循環が生まれます。

生活習慣が不規則だったり、偏った食生活をしていると体内に老廃物が溜まり血液がドロドロになります。

そうなると血行が悪くなり栄養が髪の成長や発毛に大きな働きをする毛母細胞に行き届かなくなります。

毛母細胞とは髪の毛を作りあげ上へ上へと押し上げていく人間の体の中で最も活発に細胞分裂している細胞で、大量の栄養を必要とする部分なのでここに栄養がたどり着かないと発毛、育毛することができません。

またストレスを強く受けることで発毛、育毛に悪影響を与えることがあります。

強くストレスを受けると自律神経のバランスが不安定になります

自律神経とは「交感神経」と「副交感神経」の2つで構成され、各臓器を動かすよう命令を出したり汗をかいて体温を調整など、無意識に体の機能を制御してくれる神経です。

交感神経と副交感神経のバランスがグチャグチャになり、交感神経が強くなると血管を収縮する命令が強く出されてしまいます。

その結果血液は主に筋肉に流れ込むようになるため、内臓への栄養と酸素供給がおろそかになります。

この状態が長期間続くと、体は血行不良の状態になります。

更にストレスを強く感じると体全体で亜鉛が大量に消費されます。そうすると、髪の毛に必要な亜鉛が十分に行き届かなくなるのです。

田七人参には副交換神経の働きを強くする、抗ストレス作用も含まれています。

結果、自律神経のバランスが改善され、体全体の亜鉛の消費が抑えられることで髪の毛に届く亜鉛の量が増えます。

様々な角度から発毛、育毛に高価のある田七人参、生活習慣や食生活を見直し、育毛剤も色々使ったけど全てダメ!という方、簡単に飲める田七人参サプリもあるので試してみてください。

◆例えば無農薬栽培で高品質の田七人参サプリで口コミでも一番人気なのが「白井田七(しらいでんしち)」です。

血液をさらさらに導くので頭皮ケアや育毛ケアにも良いと評価も高いです。

白井田七(しらいでんしち)の口コミ

u