イクオスとビタブリッドCヘアーの違いと選び方

「育毛剤を超える育毛剤」として打ち出され、頭皮環境を総合的にケアしていく育毛剤「イクオス」と、「ビタミンCを直接塗布する」という新しいアプローチで頭皮の改善を図るヘアーパウダー「ビタブリッドCヘアー」。

どちらも直接頭皮に塗り込んで使用する点では共通していますが、どのような違いがあるのでしょうか。

育毛剤を選ぶ際は、ご自身の頭皮の状況に合う、より良い育毛剤を慎重に選択したいものですよね。

この両者を比較して、育毛剤を選ぶ際のポイントや判断基準などを提示していきます。

まずはイクオスの特長から見ていきましょう。

「厚生労働省がその育毛効果を認めた」というお墨付きを得ているだけでも、かなりの付加価値を持つイクオスですが、実際に配合されている成分を見てみると、抜け毛や薄毛の原因となるような様々な要因に対処できる、オールラウンドな育毛剤であるような印象を受けます。

男性ホルモンの影響による抜け毛を防ぎ、頭皮環境を快適な状態に修復、副作用の心配のない天然由来成分を使用、アルコール類が少ないために女性にも安心してお薦めできる・・・などなど、イクオスの利点は数多くあります。

しかし、副作用のリスクなく、劇的な効果を得ることは非常に難しいものです。

育毛効果がある医薬品として名高いミノキシジルと「同等の効果がある」と謳われている海藻成分M-034の効果を疑う声もネット上ではチラホラ見かけることもあります。

M-034を製造している天真堂のHPを閲覧してみると、育毛効果や抜け毛を予防する効果ははっきりと明記してあるのですが、新たな髪の毛を増やす「発毛効果」に関しては記載がありません。

その点でミノキシジルは、副作用のリスクはありこそすれ、発毛効果が認められている薬剤でもあります。

両者を単純に比較することは、非常に難しいというのが筆者の見解です。

また、M-034を有効成分として打ち出している育毛剤は総じて、毛根が完全に死滅してしまった、頭皮がツルツルの方には全く効果をなさないことも考慮しなければなりません。

つまり少しは髪の毛があって薄毛で悩む方に向いています。

イクオスは、女性も安心してお使いいただけ、副作用のリスクが少なく、どちらかというと抜け毛の進行を予防する効果が大きいライトな育毛剤だと考えて差し支えないでしょう。
イクオス(IQOS)の口コミと育毛効果は本当?

次に、ビタブリッドCヘアーセットに関してご説明していきます。

こちらの製品は狙い処がはっきりしているために、使用すべきである方、効果のない方が明確に区別できます。

具体的には、男性ホルモンの影響で進行していく抜け毛ではなく、ストレスや食生活、睡眠時間などの生活習慣の乱れから発生する抜け毛に対して効果を発揮する製品であると言えるのです。

ビタブリッドCは、摂取することが難しく、身体からすぐに排出されてしまうビタミンCと亜鉛を頭皮に直接塗り込むことで、生活習慣の乱れやストレスで失われてしまった水分を補い、さらに頭皮に本来備わっている保湿の機能を回復させる効果があります。

育毛効果があるとは謳っておらず、初めから頭皮の環境を改善することに特化した、抜け毛、薄毛予防の意味合いが強い製品でしょう。
ビタブリッドCヘアートニックセットのメリットとデメリットの解決策

イクオスと比較して、金額がかなり安い点で、まだまだ頭髪の状況が深刻化していない方が、予防として使用する分にはかなりコストパフォーマンスの良い製品であると言えます。

以上のことから、すでに抜け毛が進行気味である方はイクオスを使用するといいです。
イクオス公式サイト↓
無添加育毛剤イクオス

周りから指摘されるほどではないが、少し気になり始めた方は、ビタブリッドCヘアーとともに規則的な生活を送るといいです。
↓ビタブリッドCヘアートニックセット公式サイト

ご自身の頭髪の状態と照らし合わせて、ベストな選択をしていきましょう。

us