りんご幹細胞(IPS細胞)とは何?育毛にも良いという噂はなぜ?

あなたはご自分の髪に自信はありますか?

かくいう筆者は30代に入った頃から、途端抜け毛が増え、シャンプー時には不安になるほどの抜け毛に長年悩まされてきました。

30代といえば。仕事も体力も満タン! なはずなのに……。

なんでこんなに疲れて見えるのだろう、老けて見えるのだろう……と思い悩んだ末、髪のボリュームがないことが原因ではないかと思い至りました。

数多の育毛商品を試してきた筆者から、今回はなかでも一押しできる成分をご紹介したいと思います。

そもそも昔は髪にボリュームがあったのに、加齢とともに頭ぺしゃんこ、抜け毛も気になるレベルにまでなってしまう原因はなんなのでしょうか。

抜け毛、薄毛になってしまう背景にはさまざまなことが挙げられます。

・生活リズムの乱れ

・嗜好品(タバコ・お酒)の影響

・ホルモンバランスの乱れ

・間違った頭皮ケア

以上のことが多くの原因です。

睡眠時間が少なかったり、栄養の偏った食事などを続けていると、育毛のために必要な栄養が後回しにされ、抜け毛や髪のダメージにつながってしまいます。

嗜好品はリラックスに効果的にみえますが、適量を超えると内臓機能を低下させ皮ます。

例えば脂の過剰分泌や栄養がいきわたらないなどの症状が起こり育毛へのエネルギーがなくなってしまいます。

そして、加齢にともなうホルモンバランスが乱れることでも、髪が抜けやすくなったりしてしまいます。

また、頭皮を清潔にと思うあまり、シャンプーを過剰にしてしまったり、界面活性剤など皮膚にとって刺激の強い頭皮ケアを続けていると、髪が抜けやすくなってしまいます。

これらの原因を改善することはとても重要ですが、抜けてしまったり、薄くなってしまった抜け毛たちを取り戻すためには、頭皮に良い成分を投入することが大切です。

そこで筆者がオススメしたいのが、リンゴ幹細胞です。

聞きなれないという方も少なくないと思いますが、このリンゴ幹細胞とはどのような成分なのでしょうか。

この成分は、スイスで長期保存用に品種改良されたリンゴなのです。

一般的なリンゴがすぐに酸化し、腐ってしまう一方で、この品種改良されたリンゴは腐ることなく、放置してもなんと4ヶ月近くも新鮮な状態がキープできるというリンゴなのです。

このリンゴの木は世界になんと20本しかなく、その幹細胞を抽出したものが、リンゴ幹細胞なのです。

この成分には、ヒトに対しても組織への高い再生能力を発揮し、植物IPS細胞としても注目が集まっている成分なのです。

この成分を頭皮に適用することで、傷んだ頭皮を蘇らせ、健やかな状態に戻してくれることが期待できます。

そんな、リンゴ幹細胞を配合した育毛剤が存在します。

それが、今ネットを中心に話題になっているバイタルウェーブスカルプローションです。

とっても希少な成分なので、頭皮ケアで含まれている製品は未だ多くありません。

男女ともに使用できるという点からも夫婦や家族間で使えるのも嬉しいポイントです。

薄くなり始めた髪に悩んでいるというあなた。

ぜひ、バイタルウェーブスカルプローションをチェックしてみてください!

バイタルウェーブスカルプローションの口コミ効果レビュー!髪にハリとコシup!の噂は本当?

hU