リデンシルとはどんな成分?なぜ育毛に良いと人気なの?

あなたは「リデンシル」というスカルプ成分の名前を聞いたことがありますか?

近年注目されている成分なので、スカルプローションの購入を考えたことのある方なら一度はきいたことがあるかもしれません。

リデンシルはスイスの化粧品原料メーカーが開発したスカルプ成分です。

臨床実験において、毛髪の成長を助ける働き脱毛を減少させる働きなど、毛髪や頭皮の老化に悩む方にとって嬉しい結果が報告されました。

その原料はセイヨウアカマツ球果エキス・チャ葉エキスなどといった植物性のものをはじめとして6種類の成分から成っていて、いずれの成分にも副作用はほとんどありません

2014年にドイツで開催された世界最大の化粧品原料展示会「in-cosmetics」では銀賞を受賞するなど、世界が注目する最先端の成分です。

今回は、このリデンシルの働きと欠点をご紹介します。

<リデンシルの働き1 育毛を促す>

毛髪はバルジ領域と呼ばれる発毛因子が毛母細胞となり、毛母細胞が毛髪に成長し生えてきます。

リデンシルはこのバルジ領域を刺激することで育毛を促します。

<リデンシルの働き2 脱毛を抑える>

年齢と共にコラーゲンやヒアルロン酸は減少していきますが、コラーゲンやヒアルロン酸の減少は脱毛につながることをご存知でしたか?

リデンシルは頭皮の細胞にコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す「線維芽細胞」の代謝を活性化させる働きもありますので脱毛の減少にも期待が持てます。

<リデンシルの働き3 頭皮環境を良くする(炎症を抑える)>

健康な毛髪は健康な頭皮から生えてきますが、リデンシルは頭皮の健康に欠かせない「頭皮の炎症を抑える」働きもします。

この働きのおかげで頭皮環境も改善されそうです。

<リデンシルの欠点>

良い働きが注目されるリデンシルですが、リデンシルには男性ホルモンの影響による男性型脱毛症には効果が検証されていません。

頭皮環境を整えたり、育毛を助けたり、コラーゲンなどの生成を促すことである程度の効果は得られはするそうです。

しかしもし脱毛の原因が男性ホルモンの中にある脱毛酵素であった場合は脱毛に効果的に働くとはいいがたいのです。

しかし、リデンシルでは補えない脱毛要因は他の成分でカバーできます。

有名なスカルプ成分「キャピシル」は男性型脱毛症の原因となる脱毛酵素「5αリダクターゼ」を抑制する効果が報告されています。

ですからリデンシルとキャピシル両方を配合しているスカルプローションがよさそうです。

ここで紹介したいのが、「バイタルウェーブスカルプローション」。

バイタルウェーブスカルプローションは、この注目のリデンシルとキャピシルが高濃度に配合されている上に、業界最安値で購入できます。

リデンシルやキャピシル以外にも頭皮にいい成分が多く含まれているので、気になる方は公式HPで詳しい成分を確認してみてください!

このバイタルウェーブスカルプローションは楽天やAmazonでも購入できますが、一番お得に買いたいなら公式HPの「スタートアップ応援キャンペーン」を利用しましょう。

公式HPだと安く購入できるのが嬉しいですね。

人気なので、品切れになる可能性もあります。お早めにどうぞ!

バイタルウェーブスカルプローションの口コミ効果レビュー!髪にハリとコシup!の噂は本当?

hU