お酒やタバコが薄毛や抜け毛に繋がるって本当?

男性が年齢を重ねていく中で悩みとなるのが、薄毛や抜け毛ですがお酒やたばこがその原因となりうることをご存知でしたか?

いまいちお酒やたばこと髪の毛とのつながりがわからないかもしれませんが、仕組みを知ることでなるほどと納得できると思います。

以外に原因として知られてないだけに、多くの男性がお酒やたばこが原因で薄毛や抜け毛に悩まされているという状況があります。

そこで、今回はお酒やたばこがどのように薄毛や抜け毛につながるのかをご紹介していきます。

ーお酒やたばこが薄毛や抜け毛につながる理由ー

まず、たばこが原因という点からご紹介していきます。

1.毛細血管の縮小
喫煙することにより、体内の毛細血管が縮小します。

毛細血管が縮小するということは頭のと毛根への血液の流れが悪くなるということでもあり、毛根へ必要な栄養分が行きわたらなくなります。

毛根が栄養不足になり元気がなくなると、当然ですが抜け毛の原因になります。

2.自律神経の乱れ
喫煙するとニコチンが体内に入り、体が興奮状態になります。

喫煙者の多くが、時間やタイミングに関係なく一日の中で吸いたいと思ったときにすいますが、そうすると体内で興奮状態が続きます。

興奮状態が続くことにより、自律神経の正常な働きが阻害され頭皮では余分な皮脂が分泌されるなどの症状が出てきます。

髪の毛を維持するために、自律神経の正常な状態を維持することは重要なのです。

3.ストレス
抜け毛や薄毛がストレスによって引き起こされるということをご存知かと思いますが、喫煙もストレスを生み出します。

煙草を吸っている間は良いのですが、吸い終わってから次吸うまでの間常にストレスが増え続けています。

このストレスが原因で抜け毛につながるのです。

続いて、飲酒が原因という点をご紹介していきます。

1.ビタミンの大量消費

ビタミンやその他のアミノ酸など、髪の毛にとって必要な栄養素が消費されてしまうのです。

アルコールを分解した際毒素としてアセトアルデヒドが分泌されますが、これをさらに分解する際に大量に消費してしまい、栄養不足を起こしてしまいます。

2.肝機能低下
アルコールを摂取すると、肝臓に大きな負担がかかり肝臓への負担は自律神経の乱れにつながります。

喫煙の項目でもご紹介しましたが、自律神経の乱れによって抜け毛などの髪の悩みの原因になってしまいます。

ーまとめー

薄毛や抜け毛で悩んでいる人の原因として、飲酒や喫煙というものがあるということを知っておきましょう。

どちらも、直接的に働く場合と間接的に働く場合どちらの原因もあります。

飲酒については、過度な摂取を避ければ大丈夫という考え方もありますが、それは人それぞれなので、自分がどうなのかしっかりと考えましょう。

もし、これらが原因だと思ったら少しでも飲酒や喫煙との付き合い方を考え直してはいかがでしょうか。

◆タバコもお酒も控えめにして、生活習慣も注意しているのに、抜け毛がとまらず、薄毛になっている!と不安になる方は、ビタブリッドCヘアーを使うといいです。
ビタブリッドCヘアートニックセットの口コミ!と抜け毛や薄毛に効果は、本当?
新型ビタミンCのパワーで育毛促進や抜け毛予防になりますよ。

皮膚から直接ピュアなビタミンCが効率よく吸収される特殊な仕組みなので、頭皮も元気になって髪の毛もフサフサに導いてくれますよ。

↓ビタブリッドCヘアートニックセット公式サイト

us